流行りのスタイルを取り入れて、自分らしさを磨こう!

>

流行色とはなんだろう

今年は淡いパステルカラー

何年か前に、ヒューシャピンクがはやった年は、女の子を持つ母親たちはお洋服がピンクだらけになってしまって、コーディネイトがめちゃくちゃになってしまったという経験をしたものです。
ピンクの中でも扱いがちょっと難しいお色ですので、コーディネイトの中のどれか一つに差し色として入れ込むのがよいかと思います。
蛍光色がはやった年もありました。ラメ素材なども入ったカーディガンなどは、年齢やその人の好みによっても着こなし度が全く変わってきますので、おしゃれの上級者用のお色といえると思います。
今年の流行色ですが、パステルカラーは綺麗な色であるが、ピンクやベージュ系だと顔色がくすんでみえたりすることもあります。あえて、黄色などの綺麗な明るめの色を選ぶと、全体に華やかになります。ここで重要なのは挑戦するのは1点のみに絞るということです。

好きな色と似合う色

自分の好きな色はあっても、それが似合うかどうかは微妙なところですね。
流行色にとらわれることなく、ベーシックなものは数点クローゼットに常備しておくと組み合わせが非常に楽です。
黒のパンツ、ベージュのスカート、白のブラウスなど定番は必ず数点もっておきそこに鮮やかな色合いのものや、普段チャレンジしたことのないような明るい蛍光色やパステルカラーのものを入れ込んでみると、新たな組み合わせを発見できたりします。
ボトムスのスカートを淡い黄色のシフォンスカートなどに挑戦してみる場合は、上はあえて白のスタンダートなブラウスにして冒険はしないのが鉄則です。
ここが、きちんと感とこなれ感を同居させるためのテクニックであります。
ゆるやかな、ふんわりとしたドレープ感をもつ素材を流行色として使う場合は、主役を殺さないよう抑えた色合いのものをもってくるのが大前提ですので、どうかご注意いただきたいと思います。


TOPへ戻る